iPhone・iPad で iCloud のメールアカウントを設定する方法


iOS で iCloud のメールアドレスを使用するには、まずブラウザを使用して Spark のためのアプリ固有のパスワードを生成する必要があります。iCloud アカウントのパスワードを使って Spark でメールを送受信することはできないため注意してください。Apple では、iCloud に保存されている個人情報を保護または iCloud アカウントを使った不正行為を防止するため、一つのアプリでしか使用することはできないアプリ用パスワードのシステムを取り入れています。


Spark 用のパスワードを生成する方法:

Spark のためのアプリ用パスワードを生成するには、次の操作を行います。

  1. https://appleid.apple.com/ を開き、Apple IDとパスワードを使用してサインインします。次に、Apple ID の 2 ファクタ認証に進みます。そのためには、下記のステップ2と3を参照してください。
  2. Apple デバイスでサインインの通知を受信したら「許可する」を選択します。
  3. Apple デバイスの認証画面で6つの数字を入力します。
  1. 「セキュリティ」セクションまでスクロールし、「パスワードを生成...」をクリックします。 もしアプリ固有のパスワードを生成するオプションが有効になっていない場合は、Apple ID の 2 ファクタ認証を設定する必要があります。
  2. アプリ固有のパスワードのためにラベルに名前を設定し、「作成」ボタンを押します。

アプリ用のパスワードを生成したら、それをクリップボードにコピーするか、メモしてください。このパスワードは、次の手順で Spark に入力する必要があります。


iOS デバイスで iCloud のアカウントを設定する方法

  1. まだ Spark をお持ちでない場合、こちらからダウンロードしてインストールしてください。すでに Spark をお使いの場合は、iCloud のアカウントを追加する手順をご覧ください。
  2. iPhone または iPad で Spark を開きます。
  3. 画面を左にスワップすると、操作に関する説明をご覧になることができます。すでに Spark の機能に精通している場合は、下の「スキップ」ボタンをタップしてください。
  1. アカウントのメールアドレスを入力したら、「Spark のサービス利用規約と個人情報保護方針に同意します」の横にあるチェックボックスを有効にしてから、「次へ」ボタンをタップして次へ進みます。
  1. 次の画面では、iCloud アカウントのアプリ用パスワードを入力し、「次へ」をタップします。そして、青色の「許可」ボタンをタップして、アカウントへの Spark によるアクセスを許可します。これで、Spark で iCloud のアカウントを使用できるようになります。

このように、特別な設定やサーバーのパラメーターなどを入力することなく、Spark for iOS で iCloud のアカウントを使い始めることができます。


Spark for iOS で iCloud のアカウントを設定する方法

  1. iPhone または iPad で Spark を開きます。
  2. 画面の左上にあるサイドバーボタンをタップします。
  1. 下にスクロールして「設定」をタップします。
  1. 「メールアカウント」を選択し、「アカウントを追加」ボタンをタップします。
  1. メールサービスの一覧から「iCloud」を選択します。
  1. iCloud アカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をタップします。
  1. あとは、追加したアカウントのメールが Spark 内で通知される方法を選択し、「完了」をタップします。

これで完了です!Spark は自動的にすべての設定を行うので、すぐに iPhone または iPad で iCloud のアカウントを使い始めることができます。