Mac で Exchange のアカウントを設定する方法


  1. まだ Spark をお持ちでない場合、こちらからダウンロードしてインストールしてください。すでに Spark をお使いの場合は、Exchange のアカウントを追加する手順をご覧ください。
  2. Spark for Mac を起動します。
  3. 「Spark をはじめる」ボタンをクリックします。
  1. アカウントのメールアドレスを入力したら、「Spark のサービス利用規約と個人情報保護方針に同意します」の横にあるチェックボックスを有効にしてから、「次へ」ボタンをクリックして次へ進みます。
  1. 次の画面では、アカウントのパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。そして、青色の「許可」ボタンをクリックして、アカウントへの Spark によるアクセスを許可します。これで、Spark で Exchange のアカウントを使用できるようになります。

このように、特別な設定やサーバーのパラメーターなどを入力することなく、Spark for Mac で Exchange のアカウントを使い始めることができます。


Spark for Mac で Exchange のアカウントを設定する方法

すでに Spark for Mac をお使いの場合、次の手順に従って Exchange アカウントを追加してください。

  1. Spark for Mac を起動します。
  2. 画面の左上にある「Spark」をクリックし、「アカウントを追加…」を選びます。
  1. メールサービスの一覧から「Exchange」を選択します。
  1. Microsoft のアカウントにログインする画面で Exchange のメールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。そして、青色の「許可」ボタンをクリックして、アカウントへの Spark によるアクセスを許可します。これで、Spark で Exchange のアカウントを使用できるようになります。

これで完了です!Spark は自動的にすべての設定を行うので、すぐに Mac で Exchange のアカウントを使い始めることができます。